ウクライナのスープ ☆ ボルシチ



ボルシチは、人参、玉ねぎ、キャベツ、トマト、なんてったって重要なのは
ビーツ(Beet) といわれる赤カブのような形をした野菜が入っていること♪

この、朱色をしたスープは

ビーツの色なんですョ。



画像 150415055




でも、実はこのビーツは
赤カブではなくて、ほうれん草や甜菜の仲間です。


味や食感は、確かにカブとは違っていて、ごぼうとか、ほうれん草
に似ていて、甘みが感じられます。


整腸作用があり、お肌にも良いらしいですよ♪


日本の店頭では、みかけたことは無かったのですが
場所によっては、農協などの直売所で、手に入れることができるようです。




画像 150415030


こちらがビーツ
葉の部分は、緑色で葉脈は赤くみえ、

根の部分は、女性の握りこぶしくらいの大きさです。




画像 150415034



断面は、こんな感じ
中も、鮮やかな赤紫色です。

皮をむいたり、切ったりするとかなり手にビーツの赤い色が付きます。
調理法としては、ホイルに包んでオーブンで焼いてから皮をむいたり、
丸ごと塩茹でをしたりと様々ですが、
今回は、別の用法で調理していきます。



ウクライナのスープ ☆ ボルシチ

Recipe


玉ねぎ中(一口大に切り、ほぐす)  1個
人参(らんぎり)  アメリカサイズ2本又は、日本サイズ1/2個
セロリ(5mmの薄さ) 1本
ビーツ(1cmの薄さでいちょう切り)  2個
キャベツ(ざく切り) 5枚

生ソーセージ(皮をむいたもの)3本(300g~350g)
にんにく(みじん切り) 1片

トマトの水煮缶(ダイススカット410gの物)1/2缶
トマトペースト 大さじ2
ローリエ 1枚
コンソメ又はブイヨン 小さじ1/2
お湯     適当
しお、コショウ 適当

サワークリーム お好みで
パセリ 適当


※ まずお湯を沸かします

1 野菜類は、皮をむいてそれぞれに切り分ける。

2 鍋に分量外のサラダオイルを引き、にんにくを入れてから火を中火につける
  いい香りがしてきたら、皮をむいたソーーセージを入れて、肉をほぐすように炒める

3 玉ねぎから、キャベツ以外、順番に野菜を加え炒める

4 トマト缶、トマトペーストを加えたら、コンソメ、キャベツを加え、
  お湯を加注ぐ(具がかぶる程度)

5 蓋をして、具が軟らかくなるまで25~30分弱火で煮る

6 時間がきたら、ビーツの硬さをチェックする。 スープの味をみて塩こしょうで味を調える。

7 盛り付け時に、サワークリームとパセリを飾って完成☆





画像 150415036


 生ソーセージは、火が通っていないため
  皮をむいて、ひき肉と同じようにほぐして調理をすることができます。
  味もしっかりと付いているので、塩加減に注意してくださいね。  


画像 150415039

野菜の下準備をします。
写真にはありませんが、キャベツも切って用意しておきます。
ソーセージは、薄皮をむきます。

画像 150415041

鍋に、にんにくを加え炒めたら、ソーセージをほぐしながら炒めます。


画像 150415042

ビーツを加え炒めたら、トマト缶、トマトペースト、コンソメを加えキャベツを覆うようにして乗せ
お湯を注ぎ、ローリエを入れて、蓋をして煮込み完成です☆






ちなみにこちらは、ビーツ無しで作ったボルシチ風のスープです。
よろしければ、参考にしてみてくださいネ☆

ボルシチ風☆豆to野菜のスープ





画像 150415063


 いつも来てくれてありがとう 
ランキングに参加しております
ポチっと押していただけるとうれしいです
    ↓↓


にほんブログ村 料理ブログ ハーブ料理へ
 

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村 







スポンサーサイト

テーマ : 作ってみた - ジャンル : グルメ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)